スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務整理と信用情報

仕事柄、「あぁ、この人もしかして債務整理中なのかな・・・?」と思わせる事柄によく遭遇いたします。
もちろん、書類上だけのことなんですけれど。

「引き落としを止めてほしい」とかいうのはしょっちゅう。日常茶飯事。
つい先日、そういう関連の事柄で窓口にミスがあり、結果として決済をしてるウチの部署にまで影響が。
結局、どうにかしないわけにはいかなくて。どうにかしましたが。
他の処理までもが遅れるわ、何だかんだで。
エライ目にあいました

あんまり詳しく書くわけにもいかないので、わかりにくいかもしれませんけれど。
債務整理などをする場合、その過程において、あちこちで自分が相手に迷惑をかけてるかもしれないっていうこと、ちょっと心に留めておいてほしいかな。。

例えば、請求を止めてほしいという要望をしたとき。
口座から引き落としをしないでほしいという要望をしたとき。
取引履歴を出して欲しいという要望をしたとき。
などなど・・・・・・。

その一つ一つは、誰かに負担をかけていることなんです。
契約通りのままでいたならば、しなくてもいい処理のはずなんです・・・・・・。
自分もやっちゃった以上、あまり大きな顔して言えることではないんですが

ところで、そんな職場にいる以上、よく回覧されてる機関誌に債務整理についての記事が載ることも多いです。

でも、この前読んだ記事には・・・さすがにアタマが煮えました
とある弁護士先生が書かれたコラムなんですが。
「過払金訴訟を起こす人たちは、払わなくてもいい利息を頑張って払ってきた人たちであるから、信用情報は”完済”とするべきだ」
・・・だ、そうです。

この理屈で言うならば、ちゃんと契約通りに支払ってきて完済した人と、払えなくなって債務整理して、したらそこで知恵つけてもらって「実は自分、もう借金払わなくてもいいんだー。それどころか過払金ってやつまで貰えるんだラッキー」っていう人も、同列に扱っていいってことになります

・・・・・それってどうなの???

「そりゃあ、”訴訟起こせば借金チャラになる上に、信用情報もキレイになりますよ”ってことになれば、より弁護士先生に頼む人が増えるから、先生方としてはウハウハでしょうね・・・」
なんて思ってしまった私は、かなりヒネクレ者なんでしょーか・・・・・・。

スポンサーサイト

コメント

だとすると

私なんかもう中尾のマフラーみたいにネジネジねじれちゃってますね。
何かが変だよねぇって感じです。
今ではもう生活苦は弁護士のおやつだって思うようになっちゃってますし。
彼らの理屈に踊らされその気になっちゃった人いっぱい見て来たもんですから複雑です。

投稿日時:2007年08月31日 01時15分19秒
>キスケさま

中尾のマフラー・・・(笑)


うん。
連載されてるらしいそのコラムも、毎回「ヘンじゃない?その理屈」と毎回ツッコミたくなる気満載な内容ばかりです。


「借金被害者を救いたい」と言いつつ(”被害者”と書いてる時点で、もう何かが違う・・・)、実は「何が何でも債務整理」・「早いトコ過払金訴訟した方がいいよ・・・早いもの勝ちだよ(←この”早いもの勝ち”っていうのは、実際に本人が書いてたものです)」・「だから弁護士に任意整理を依頼しようね~」な、弁護士の立場からの理論しか書いてなくて。

投稿日時:2007年09月01日 19時15分12秒

コメントの投稿

※宣伝行為はすべて削除対象です。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kaizen.blog60.fc2.com/tb.php/277-c7204b7c

 トップへ戻る 

FC2Ad

 

Copyright ©2004 FC2,inc All Rights Reserved.

債務残高

現在、0円

プロフィール

ぷに@体質改善中

Author:ぷに@体質改善中
30代OL 
’06年3月、特定調停を決意
6月調停終了 7月返済開始
’09年3月、借金返済終了!

チーム・マイナス6%

 

セシール - 目標!夏までに-3cm -3kg

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
訪れてくれた人
ブログ内検索
ブックマーク
最近のトラックバック
RSSフィード
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。